住宅ローンの借り方

住宅ローンの種類も多種になるため、どのローンが得なのか悩んでしまうことがあります。
近年人気があるのは長期固定金利型の住宅ローンです。
しかし短期間で繰り上げ返済ができる人には変動金利の方がお得なこともあります。
低金利の現在でも、3000 万円を35 年で返済すると総支払額は4500 万円にもなります。
賃貸住宅との比較も視野に入れて、投資に見合う計画になっていることを確認する必要があります。

住宅ローンの申し込み先

営利組織の金融機関として地方銀行、都市銀行、ネットバンク系があり、非営利組織の金融機関として信金、住宅支援機構(フラット35)などがあります。
またそれぞれ独自にローン商品をそろえております。
基本的には保証会社が貸出の可否を審査をします。
ある金融機関ではローン不承認であっても、他の金融機関では承認がおりることもあり、ローンがなかなかつかない人でも、あきらめずに交渉を重ねることでローンが付く事もあります。

なぜ金利や条件が違うのか?

住宅ローンはそれぞれの金融機関が独自の商品開発を行っています。
利用者は金利や条件を比較し、メリットの多い住宅ローンを探すのが一般的です。

住宅ローンが借りられない

借入の希望に対して承認の回答が来る事を与信がつく、と言います。
現在では住宅ローンはいきなり本申し込みができなくなっています。
事前審査を受けてから本申し込みをするのが一般的ですが、事前審査で不承認と回答がくることがあります。
希望金額通りで与信が付く事もあれば、減額されたり、まったく貸してくれないと回答が来る事もあります。
住宅ローンが借入できない理由としては、クレジットカードの利用履歴、消費者金融の利用履歴などが影響します。
それらの登録情報に支払い遅延などがあると住宅ローンが否決される可能性が高くなります。
また、複数の支払いを抱えている状態で、多重債務になっていると判断され住宅ローンが借入できないケースもあります。
保証会社は否決の理由については正確に教えてくれません。
お勤め先の経営状態が理由で貸してくれない事もありますし、一概に個人の情報だけで借入できないということでもありません。
住宅ローンについてはいろいろと交渉の手段があり、A はダメでもB はOK だったというケースも少なくありません。
貸出の仕組みを理解しているブレインがサポートすることによって、与信が付く事もあります。

住宅ローンを借りる前に

ライフプランを作成し、現金資産が赤字にならないように確認しましょう。
住宅購入に関わるライフプランは、建築の知識も必要になります。
なぜなら、選らんだ仕様によってはメンテナンスのコストも変わってくるからです。
10 年ごとに外壁の塗装が必要だとか、水廻りの交換が20 年後に発生するなど、住宅を快適に維持するためにはある程度の定期的な出費は計算しておく必要があります。
それらの情報が不十分ですと、収入が無くなる時期に多額のリフォーム工事が必要であることに気づかずに、計画を決めてしまうリスクも考えられます。
住宅ローンはマラソンに例えることもできます。
長距離をいかに走り切る事ができるかは、精度の高い計画にかかっています。
子どもの教育や車、家電の買い替えなど。将来予想できる出費は全部確認しておいてから住宅ローンの借り入れを算出しましょう。
家を建てるだけの人生はつまらないものです。
自分のライフスタイルを実現できる資金のバランスが成り立っているかどうかを、ライフプランで確認することから計画をスタートすると良いでしょう。

無料ライフプラン

ライフプランの作成は無料で行っております。
ご希望者は問合せから「ライフプラン希望」と送信してください。

ページのトップへ

メルマガ登録・解除 ID: 0000230912
家作り応援!読んだ人だけが得する成功の法則
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ