2011年03月30日

石碑の教えを守って助かった集落があった

前回の記事では「失敗は伝わらない」を紹介しましたが。

なんと、石碑の教えを守って助かった集落があったとのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000888-yom-soci

読売新聞の記事に紹介がありました。

石碑の教えを破るな、と先人の教えを守ったことが命を救いました。


石碑の教えを守って助かった集落があったの続きを読む

2011年03月28日

失敗は伝わらない

「此処より下に家を建てるな」

大津波で被災した三陸地域には石碑があちこちに建てられているという動画がありました。

失敗は伝わらない。

残念な話です。

失敗は伝わらないの続きを読む

2011年03月24日

日本の不公平な情報提供慣習

原発の情報が入ってい来ないということで、アメリカ合衆国も業を煮やして専門家チームを直接派遣してきました。

情報を出さない。

管理する側としてはメリットとデメリットが両方あるのでしょう。

全ての消費に当てはまるのですが、リターン(要求に対する供給)には、コストとリスクがセットになっています。

原発問題でいえば、リターンとして関東圏の電力が上げられます。

一般市民から業務で使用するまで、莫大な電力量が必要になる、ということです。

それに対するコストはわかりますよね。

いくらお金がかかるのか、という問題。

次にリスク。

それをすることで事故が発生した場合、どのような犠牲が伴うのかについての認識。

日本はこのリスクについて、消費生活全般に説明が足りないといえます。

住宅購入に関しても同様です。

リターン > コスト+リスク

数式風に考えると明白ですね。

これが確認できないうちは計画に穴がある、と考えなければいけないのです。

日本の不公平な情報提供慣習の続きを読む

2011年03月20日

工事中の現場が被災したら

工事現場の被災について記事にも少し触れましたが、責任の所在、対応について情報をまとめたいと思います。

通常、天災地変による現場の損害は工事保険は免責事項になっております。

対象となる方は重要です。

ツイッターやフェイスブックをやっている人がいましたら、今回の記事はコピぺ可ですのでお役立て下さい。

工事中の現場が被災したらの続きを読む

2011年03月17日

想定~物差しの話

原発の事故に関して耳障りな言い訳が乱発されています。


「想定外」


何の理由にもならないのですが、「想定」の意味について考えてみます。


この原理を理解できると、マイホームにおいて、いえ、仕事や生活全般においてのリスクヘッジに応用することができます。


想定~物差しの話の続きを読む

2011年03月16日

建材メーカーの納品状況について

東北地方太平洋沖地震による建材納品の影響について。

メーカーサイトへのリンクが主になりますが、情報を載せておきます。

各社直接的、間接的な影響を受けています。

見通しが立っていないので納得できる情報は少ないですが、そこはご勘弁ください。

建材メーカーの納品状況についての続きを読む

2011年03月15日

被災地の復興について ※参考

日を増すごとに被害の実態が明らかになり、災害規模の大きさと、現在も深刻な避難者たちの状態には言葉をなくす思いです。

そんな中で、これからまさに着工する段階だった被災者から問い合わせのコメントをいただきました。

返信のアドレスもわかりませんでしたので、ご紹介しながらの回答という訳にはいきません。

参考になるかどうかもわかりませんが、当職ならこういう風に確認を進めます、という情報をお伝えしたいと思います。

被災地の復興について ※参考の続きを読む

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

被災者の方たちにはお見舞いの言葉も見つかりません。

大変な災害になってしまいました。

連絡の取れない知人もいますが、災害の状況確認もできない状態。

阪神大震災後の建築に関することも含めまして、思いついたことをお伝えしたいと思います。


東北地方太平洋沖地震の続きを読む

2011年03月04日

セミナー講師を・・・

昨日セミナー講師を仰せつかりまして。

70人ほどを前に工務店の売り上げアップのためにセミナーをさせていただきました。

感想と反省をつづりたいと思います。


セミナー講師を・・・の続きを読む