2012年06月27日

災害復興を通して思うこと

昨年の大災害の復興について、テレビで見ない日はありません。

今も生きている人が感じ続けている、被災地の人たちの感情。

生きているからこそ、注目を浴びます。


一方、毎年3万人以上の自殺者が出ていることも事実です。

その数だけを取り上げると、震災被害よりも多い。

毎年、それだけの自殺者が出ていることには、災害復興のように取り組んでいる人は少ないように見えます。


災害復興を通して思うことの続きを読む

2012年06月20日

2030年問題

2030年には住宅は環境にエネルギー的な負荷をかけてはいけない。

そんな国策が進んでおります。

「0エネルギー住宅」といいます。

私たちが暮らす北海道では約半年間は暖房を使う事になりますので本当に大変です。

エネルギーを使わない暖房方法を開発できれば。

ビジネスチャンスとしてはもちろん面白いですし。

消費者にとってもありがたいお話ですよね。


しかし、その時点までに「0エネルギー住宅」を作れる技術を持たないと・・・

現在の政策を見ている限りでは「粗悪な建物しか建てられない業者は新築に手を出すな」と言わんばかり。

いえ、実質そういうことになっています。

ここ数年内に、ある程度技術開発できないと難しいでしょうねぇ。


技術革新は良い事ですが。

地球温暖化がここまで進んでいなかったら、2030年という設定もできなかったのでしょう。

未来にどんな環境を受け継がせることになるのか。

住宅の性能も大きな要素となりそうです。


Recent Entries

  1. 災害復興を通して思うこと
  2. 2030年問題