2013年05月10日

バウビオロギーとは何か?

バウビオロギーとは何か?
バウビオロギーとは建築生物学に直訳される、ドイツ発信の健康的な住環境を研究し、対策を体系化した民間科学です。

消費者が安心して暮らせる住環境を研究し、独自の住哲学を発展させています。

主に専門家と万能家による協同活動によって、住む人の心身の健康を実現するのに理想的な住宅を提案、施工しています。

日本にもこの思想を学ぶ人たちが少しずつですが増えてきています。

バウビオロギーでは25の指針を定めて、その思想を反映する家づくりを進めています。

解説も含めて指針を紹介して行きたいと思います。

バウビオロギーとは何か?の続きを読む

2009年10月02日

シックハウスの画期的な判決

シックハウスが原因で仕事が続けられなくなった。

マンションの住まいの品質が、住人の健康状態と関連することを認める画期的な判決が出ました。

社会認識の目安として、大きな一歩を踏み出したと言えます。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

シックハウスの画期的な判決の続きを読む

2009年08月02日

ウイルス予防、感染予防の仮説

冬季には新型インフルエンザが大流行するだろうといわれていますね。

インフルエンザウイルスや、各種の感染予防の考え方の仮説(当社基準)

今一度語りたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

ウイルス予防、感染予防の仮説の続きを読む

2009年07月12日

心は環境に反応する~インテリアの影響 その2

風水と同じような考え方ですか?と質問されることがあります。

風水の示す範囲はとても広いので、ある意味では風水の一部と言えなくもありません。

一般的に流通している風水の知識とは違う部分も多々あります。

もっと具体的で、個人の体質に合わせた方法が可能です。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

心は環境に反応する~インテリアの影響 その2の続きを読む

2009年07月11日

心は環境に反応する~インテリアの影響

心は環境に反応して、さまざまな影響を体に与えます。

壁紙の色。

使いやすさ。

自覚、無自覚問わずに影響があります。

影響の中で「悪影響」を与えるものを、ストレッサーといいます。

ストレッサーとはストレスの原因です。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

心は環境に反応する~インテリアの影響の続きを読む

2009年06月12日

感じ方いろいろ

家族といえども同じ家に住んでいても感じ方はいろいろだ。
同じ温度の部屋にいても、ある人は「暑い」と言い、ある人は「寒い」と体をゆする。
家族全員が同じ体質であればよいのだが、そういうケースはまず少ない。
では家族全員が快適に暮らすためにはどうするのか。
ストレスフリー住宅を実現するには、解決方法が必要となるのを知っていますか。


にほんブログ村 住まいブログへ


感じ方いろいろの続きを読む

2009年03月28日

開発者との面談

出張のおまけですが。

開発者と直接お話しますと、当然ながらいろんな発見があります。

ホームページやカタログからは読みとれない貴重な情報をいただけます。

だから、時間もお金もかかりますが、年に一回は北海道から出て直接面談しに行きます。


にほんブログ村 住まいブログへ


開発者との面談の続きを読む

2009年03月27日

ダイアトーマスという壁材

ダイアトーマスの代理店になるべく、出張の最終目的地静岡に行って来ました。
曇天のため残念ながら富士山の絶景は望めませんでした。
観光目的ではないのでそんなことは気にせずに研修に参加。
本来、研修を行わない日にも関わらず、快く開催していただきましてマンツーマンで習ってきました。

感謝、感謝です。


にほんブログ村 住まいブログへ


ダイアトーマスという壁材の続きを読む

2009年03月09日

鹿の皮

成り行きで。

鹿の皮をなめしています。

説明が長くなるので、どういった成り行きなのかは割愛しますが。

いろんなアイデアも湧いてきます。


にほんブログ村 住まいブログへ


鹿の皮の続きを読む

2009年03月04日

免疫と住宅の関係

事前に断っておきますが、本日の記事をどのように取り扱うかはお任せします。

人間の免疫と住環境の関係についてお話したいと思います。

医学的な根拠はありません。

経験知的に「そういうものがある」のは実感していますが、法律的な責任は持ちません。

この情報を必要とする人だけ役立ててくださればうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログへ


免疫と住宅の関係の続きを読む

2009年03月02日

免疫を高める=病気の予防

面白い本を読んだ。
「病気にならない免疫生活のすすめ」
meneki.jpg
著者は新潟大学大学院教授の阿保徹先生。


「ガンを治したいなら生き方を変えること」


と患者にアドバイスするらしい。


にほんブログ村 住まいブログへ


免疫を高める=病気の予防の続きを読む

2009年03月01日

カビはなぜ生えるのか

カビがなぜ生えるのか?
結露が原因と考えている人もいますが、環境を設計することで結露による水分があってもカビが生えないことを知っている人は少ない。
シックハウスにも関連するカビの問題。
違う角度で見てみると面白い発見があります。

にほんブログ村 住まいブログへ


カビはなぜ生えるのかの続きを読む

2009年02月27日

シックハウスの責任32億円なり

こだわりをもって良い住まい作りに力を入れている工務店の社長から面白い話を聞きました。

「カナダではシックハウスがひどい状況なんです」

話題の中、32億円の賠償判決も出た、という話が聞けた。


シックハウスの責任32億円なりの続きを読む

2009年02月24日

空気と水の話 その3

自然界に存在する比率が人間の吸収できる適正な濃度です。

薬や健康食品、濃縮された栄養分など。

自然界に存在しない比率の数値は体に良いとは言えない面を持っている。

また、実験場所と現場で違う結果になることもある。

商品とそれを使用する場所を観察すると、説明のウソとホントが見えてくる。


にほんブログ村 住まいブログへ


空気と水の話 その3の続きを読む

2009年02月20日

水と空気の話し その2

水を処理する器械について昨日に続いて説明を加えたい。

機械的な処理。

法則的な処理。

両者の違いは何か。


にほんブログ村 住まいブログへ


水と空気の話し その2の続きを読む

2009年02月15日

集中加湿~住居全体の快適湿度

自宅新築時にアイデアが浮かんで約6年。

うるおい循環システムも年数を追って進化してきました。

冬に入る前に微調整を行いましたが、かなり効果が上がったようです。

living.jpg

これがリビングのデータですね。
上の数値が室温25度。
下の数値が湿度51%。

上々です。


にほんブログ村 住まいブログへ

集中加湿~住居全体の快適湿度の続きを読む

2009年02月03日

後ろから刺されるかも

最近、住宅が病気の原因になっているという話題で仲間内での情報交換が忙しくなっています。

そんな中でお互いに使ってしまう言葉。

「これは後ろから刺されるから情報を公開できないよね」

そんな危険を感じる情報を知ってしまうことがあるんです。


後ろから刺されるかもの続きを読む

2009年01月30日

イオン調査

機能に引き続きまして、自宅の調査報告を。
数値が揺れ動くと言うのは聞いていましたが、これほどとはねぇ。
傾向を知るには充分ですが、マイナスイオンをあまり信じない人の気持ちもわかるような気がします。


イオン調査の続きを読む

2009年01月23日

住空間の抗酸化改善方法

楢崎皐月(ならさきこうげつ)博士が解読した「カタカムナ」は有名です。
その出所の超伝記的なエピソードも都市伝説ぽさがあり、謎が謎を呼びます。
カタカムナの研究は相似象学会(そうじしょうがっかい)で行われてきまして、数々の成果を収めてきました。
研究誌を持っていまして、いくつかの詩からインスピレーションをもらいまして、新技術の発案をしました。
陽(プラス)イオンを減らし、陰(マイナス)イオン優位の空間にするための施工。
この春から発売すべく、効果の最終調査に入りました。


住空間の抗酸化改善方法の続きを読む

2008年12月26日

電気環境の重要性 その4

ある発電所の職員のお話。
その部署に赴任中の職員の家庭で奥さんが妊娠しても、女の子しか生まれてこない。
そんな話を聞いたことがあります。


大手家電メーカーのアフターサービスに勤めていた友人の話。
うちの部署は生まれてきても女の子って決まっているんだよな。


どちらも直接私が聞いた話です。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

電気環境の重要性 その4の続きを読む

2008年12月24日

電気環境の重要性 その3

電気環境の何が健康に良くないのかを知ることも大切です。

マイナスイオンと日本で呼んでいるもの。

正確にはマイナスの電荷である空気中の浮遊電子のことです。

健康との関連する理論について説明します。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

電気環境の重要性 その3の続きを読む

2008年12月22日

電気環境の重要性 その2

電波と同時に磁波も発生すると説明した前回の記事。

磁波は同時に電波を伴います。

地磁気と呼ばれる地球上に普遍的に降り注いでいるエネルギーについて説明します。


banner_02.gif


建築人気ブログランキングはこちらから


電気環境の重要性 その2の続きを読む

2008年12月20日

電気環境の重要性 その1

空気の汚れに続いて電気環境の重要性についてお届けします。

電磁波の有害性について関心が高まってきますね。
太陽光線も電磁波の一種ですし、遠赤外線も紫外線も電磁波の一種になります。
電磁波にも有害な電磁波と、有益な電磁波があります。

他に静電気による地磁気の環境について数回にわたって記事にします。
健康住宅に関心のある人には必見です。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

電気環境の重要性 その1の続きを読む

2008年12月09日

再生医療と住宅

お世話になっている人との電話で、ある大国の大統領のお抱え医師と話した内容を聞きました。
欧米の医療の先端は「再生医療」だそうです。
食事で直すのが基本だというんですね。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

記事数600以上!家づくりの虎の巻!旧ブログはこちらから

再生医療と住宅の続きを読む

2008年12月08日

空気のきれいな住宅 その2

空気をきれいにする方法といえば空気清浄機を思い浮かべる人が多いと思います。
空気清浄機に関しては、過去非常にトラブルが多かった商品といえます。
浄水器とどっこいどっこいかな。
効果についてクレームが多く、アフターメンテナンスでも随分いろんなトラブルがありました。


空気清浄機といえば家電ですね。
機械方式での清浄を行います。
機械には必ずアフターが必要になります。


バイオ方式の清浄も実は可能です。
近々当社で発表する新しいサービスにも含まれます。
これはどこもやっていない方法になります。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気のきれいな住宅 その2の続きを読む

2008年12月07日

空気のきれいな住宅

先日いろいろと統計を調べていまして面白い資料を見つけました。
正確にはひとつの資料ではありません。
いくつかの資料を重ね合わせた時に見えてくる真実といいますか・・・
衝撃的な事実を発見したかもしれません。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気のきれいな住宅の続きを読む

2008年09月28日

化学物質過敏症対策 その4

ホリスティック医療を聞いたことがあるだろうか?

対症的な治療、投薬ではなく、住環境、水、空気、食べ物、精神的な環境にいたるまで。

健康を維持するために、生命体として何が必要なのか?

すなわち肉体的、精神的、地球学的、生命哲学などもあわせた統合的な医療をいう。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

化学物質過敏症対策 その4の続きを読む

2008年09月27日

化学物質過敏症対策 その3

化学物質過敏症といっても、反応しやすい物質は人によって違います。

ホルマリン系の物に敏感だったり、塩化ビニル系だったり、農薬系だったりと。

そんな個性もこの症状に対しての見識を難しくしているように見えます。

法則性が見えないので「わがまま病」なんて評価をしている人もいます。

しかし、肉体の個性は様々。

そんなに単純ではありません。

今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

化学物質過敏症対策 その3の続きを読む

2008年09月26日

化学物質過敏症対策 その2

医学ではなく、哲学的に肉体を観察すると見えてくるヒントがあります。

何を一番最初に良くしなければいけないのか?

あえて優先順位を付けると、脳と神経と私は考えています。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

化学物質過敏症対策 その2の続きを読む

2008年09月25日

化学物質過敏症対策 その1

化学物質過敏症の対策は、医療的には確立されていないが、困っている人はたくさんいる。

住宅でいえば、無添加素材とか天然素材で対策するのをイメージする人が多いと思う。

多くの人は体の外の環境を想像するだろう。

しかし、体内環境と、体外環境の両方を総体的に考える必要がある。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

化学物質過敏症対策 その1の続きを読む

2008年09月21日

シックハウス対策の基本

天然素材を使えばシックハウス対策になると思っている人が多い。

しかし、それだけでは不十分な場合もあります。

確かにそういう住宅に住むことによって予防効果は期待できます。

化学物質過敏症を既に発症してしまった人には、天然素材だけでは住めないこともあります。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

シックハウス対策の基本の続きを読む