2013年05月23日

バウビオロギー25の指針 第3の指針

高い放射能を示さない件アイを用いる。


放射能を示さないというのは原発事故との関係ではなく、主に土中や建材から発生するラドン(Rnー222)の問題です。
花崗岩、軽石、科学石工、スラグレンガは推奨できない建材の一例です。
放射線による障害は数十年後に先延ばしされ、因果関係がほとんど確かめられない状況にありますから、恒常的な換気が唯一の対処方法です。

バウビオロギー25の指針 第3の指針の続きを読む

2013年05月10日

バウビオロギーとは何か?

バウビオロギーとは何か?
バウビオロギーとは建築生物学に直訳される、ドイツ発信の健康的な住環境を研究し、対策を体系化した民間科学です。

消費者が安心して暮らせる住環境を研究し、独自の住哲学を発展させています。

主に専門家と万能家による協同活動によって、住む人の心身の健康を実現するのに理想的な住宅を提案、施工しています。

日本にもこの思想を学ぶ人たちが少しずつですが増えてきています。

バウビオロギーでは25の指針を定めて、その思想を反映する家づくりを進めています。

解説も含めて指針を紹介して行きたいと思います。

バウビオロギーとは何か?の続きを読む

2013年03月07日

金属サイディングで病気のリスク?

北海道では金属サイディングが相変わらず人気です。

シンプルなデザイン性と、メンテナンスサイクルが長期的で経済的、というのがもっぱらの理由。

弊社においても結構な数の案件で使われていました。

医学的な因果関係は証明できないのですが、若干気になることがありますのでお知らせしておこうと思います。

金属サイディングで病気のリスク?の続きを読む

2013年03月05日

建築心理学

建築心理学はまだ新しい造語。

建築物の中にいて、利用者の心理に与える影響について関係を明らかにするための学問です。

例えば、学校の校舎を建築心理学的に設計して、機能、効果を高めることですでに実用されはじめています。

否定的な思考をせずに、積極的な人間性を引き出す空間とか。

福祉施設でも応用ははじまっており、ストレスの少ない環境をつくり、心身の調子を上げて行くモチベーションに良い効果のあるデザインなども考えられ始めました。

これらは設計者の主観的な押しつけではなく、具体的、理論的な根拠に基づいて、機能や効果を期待できる提案が可能になります。

まだまだ発展途上の分野ですが、建築心理学の基本的な考え方について解説します。

建築心理学の続きを読む

2013年01月04日

ノロウイルス対策

ノロウイルス対策の住宅を造ることも可能です。

難しい方法ではありませんが、その方法を知っている人はほとんどいません。

だから普及していないのですが、基本的なウイルスの対策方法などについて解説しておきます。

ノロウイルス対策の続きを読む

2012年11月08日

シックハウスの原因と対応

シックハウスの原因について「化学物質」が主たる要因だとは知られています。

そんなありきたりの話ではなく、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

化学物質と呼ばれる物は数十万種類もあります。

研究者や専門家でも全部を把握しておらず、毎日数十種類は新しい物ができているのではないか、と言われているのが現実です。

とても把握するのが追いつかない。

種類を特定して「安全」か「危険」かを診断する情報が追いつく訳がありません。

根本的な仕組みを理解する事が対策のカギになります。

シックハウスの原因と対応の続きを読む

2012年04月10日

病気にならない土地選び

地下鉄徒歩20分以内で建築地を探しているんですが。


そんな希望を持っている人がとても多いんですね。


どこか私の知らないところでみんなで示し合わせたように同じような条件と希望。


利便性は良いかもしれませんが、体に良いかどうかは別のようです。


病気にならない土地選びの続きを読む

2012年03月08日

シックハウスになってしまったら

せっかく建てた新築住宅がシックハウスで住めない・・・

考えたくもないと思いますが、先日お子さんが発症してしまった住宅の処理をお手伝いさせていただきました。

なんとか、処理も終わり、その後は反応が出ないという報告を聞いています。

あまり成功事例はないことですが、なんとか成功させることができました。

ご協力いただきました関係者に感謝します。

シックハウスになってしまったらの続きを読む

2012年02月23日

収納コンサルタントとのコラボ

収納コンサルタントの後藤えいこさんと今後は一緒にお仕事をさせていただけそうです。

収納コンサルタントといえば「こんまりさん」が有名ですが。

「実力」ではかなり強力なプロフェッショナルなパートナーとなってくれそうです。

今後の北海道の家づくりを一緒により良くしていこう、ということで盛り上がりました。

収納コンサルタントとのコラボの続きを読む

2011年04月28日

子どもがの自尊心を育む家

エゴグラムを使ったストレス診断を住宅の設計に取り入れています。

説明の延長線上でよくお客様から聞かれる質問があります。

「子どもをのびのび育てるためにはどうすればよいですか?」

この質問の出現率は結構高いです。

ポイントだけお伝えしたいと思います。


子どもがの自尊心を育む家の続きを読む

2011年04月04日

住む人を不幸にする家

住む人を不幸にする家を作ることができます。

今回はあえてイヤな言い回しかもしれませんが、経験上確信している事実をお伝えしたいと思います。

裏を返すと幸せに暮らしやすい家というのも作ることが可能です。

個人的に問題だと思っているのは、そういう事実を知っている設計者が少なすぎるということ。

住む人の幸不幸を左右する、家がもたらす影響について原理を解説したいと思います。

住む人を不幸にする家の続きを読む

2010年12月14日

天井の高さとストレスの関係

ストレス社会と言われて久しいですが。

皆様におかれましても日々、何らかのストレスを体験されていると思います。

日経心のサイエンスの特集記事で、カリフォルニア大学のメイヤーズレビー教授の発表が紹介されていました。

天井の高さが心に与える影響、という記事を読み取りますと。

ストレス対策にも応用が利かせることができそうです。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

天井の高さとストレスの関係の続きを読む

2010年09月29日

QOLを高める家づくり

このたびマイホームコンサルタントはサービスを開始しまして5年経ちました。

手探りでスタートしました事業ですが、着実に支持が増えてきており、感謝でいっぱいです。

5年もやっていて今更なんですけれど。

一言でうちのサービスをなかなか言い表せなかったのですが。

良い言葉を最近見つけました。

QOL(クオリティオブライフ)Quality of lifeですね。

直訳すると「命の品質」とも訳されかねませんが。

人間らしさを実感できる幸福度、みたいな印象で意訳は合っていると思います。

スロウライフもキーワードとしては注目されていますが、QOLの中の一分野的に考えて間違いないと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

QOLを高める家づくりの続きを読む

2010年09月28日

コワーい高層マンションの話(宝島社)

かなりインパクトのある内容が列挙しています。

「コワ~い高層マンションの話」という本が宝島社から出版されました。

マンションを検討している人は読むべき本です。

一戸建てかどうか迷っている人も読んだ方が良いでしょう。

マイホームコンサルタントが指摘していました高層マンション特有の環境がどういう影響を住人に与えるかについて。

当職は原因を指摘し「いろいろと影響があるはず」と説明をしていましたが。

書籍には「原因はわからないけれど、こういうことが起きているよ」ということが列挙されています。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

コワーい高層マンションの話(宝島社)の続きを読む

2010年03月27日

体の健康と心の健康 住宅が与える影響

シックハウスという言葉は聞いたことがあると思います。

住宅が原因となり、体の健康をそこなうことをいいます。

実は体の健康が悪くなると、同時に人は苦しみを感じます。

体の不調がすなわちストレスを与え、同時に心も不健康になります。

この事実はあまり認知されていませんが、体が不健康でまったくストレスを感じない人がいるかどうかをちょっと考えてもらうだけでもわかるでしょう。

体の健康は心の健康につながっています。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

体の健康と心の健康 住宅が与える影響の続きを読む

2010年01月26日

長生きしたいなら木造住宅

島根大学理工学部の中尾教授のグループが行った調査によると、木造住宅とコンクリートの集合住宅の平均寿命で9歳の差が出たといいます。

統計を取ったのが木造住宅270、コンクリート集合住宅が62という数字に対する統計の信ぴょう性を指摘する声もある。

しかし、数多くとったからと言って9年の開きが逆転することは考えづらいため、この数字の差は傾向として信用しても良いように感じます。

仮に調査数を増やした結果、9年ではなく3年程度に縮まる可能性はあります。


長生きすることが必ずしも幸せとは限らないけれど。

早死にする選択をあえて行わなくても良い気もします。

これから子どもを作る人には、さらにこんな気になる情報も・・・

流産の確率も高くなるという調査結果を報告する先生もいるようです。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif


長生きしたいなら木造住宅の続きを読む

2010年01月13日

病気の原因と住まいの関係について

住まいが病気の原因になる。

そんなことを言われるとシックハウスなどの化学物質を原因とした病気を連想する人が多いでしょう。

それも原因の一つでしょうが、それだけだはなく単純な問題ではありません。

病気の原因を一言で言うと「意食住」

生活の基本の「衣食住」をワタシがもじったものですが。

この三つの要素が複合的に作用して、体の調和が乱れた形で表れたものが「病気」

そんな風に定義するといろんなことが見えてきます。


病気の原因と住まいの関係についての続きを読む

2009年12月22日

地中水位

地中水位~ちちゅうすいい、と読みます。

初めて聞いた人もいるでしょうが。

建物の耐久性と住む人の健康に置いて、ひとつのチェックポイントになります。


IMGP0789-1.jpg


まずはこの写真をじっくり眺めてください。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif


地中水位の続きを読む

2009年10月02日

シックハウスの画期的な判決

シックハウスが原因で仕事が続けられなくなった。

マンションの住まいの品質が、住人の健康状態と関連することを認める画期的な判決が出ました。

社会認識の目安として、大きな一歩を踏み出したと言えます。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

シックハウスの画期的な判決の続きを読む

2009年08月02日

ウイルス予防、感染予防の仮説

冬季には新型インフルエンザが大流行するだろうといわれていますね。

インフルエンザウイルスや、各種の感染予防の考え方の仮説(当社基準)

今一度語りたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

ウイルス予防、感染予防の仮説の続きを読む

2009年07月14日

心は環境に反応する~インテリアの影響 その3

欧米と日本のリビングに対する考え方は根本的に違います。

宗教観なのか自然哲学なのか知りませんが。

とにかく違います。

リビングの向きについて考えてみたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

心は環境に反応する~インテリアの影響 その3の続きを読む

2009年07月12日

心は環境に反応する~インテリアの影響 その2

風水と同じような考え方ですか?と質問されることがあります。

風水の示す範囲はとても広いので、ある意味では風水の一部と言えなくもありません。

一般的に流通している風水の知識とは違う部分も多々あります。

もっと具体的で、個人の体質に合わせた方法が可能です。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

心は環境に反応する~インテリアの影響 その2の続きを読む

2009年07月11日

心は環境に反応する~インテリアの影響

心は環境に反応して、さまざまな影響を体に与えます。

壁紙の色。

使いやすさ。

自覚、無自覚問わずに影響があります。

影響の中で「悪影響」を与えるものを、ストレッサーといいます。

ストレッサーとはストレスの原因です。


にほんブログ村 住まいブログへ

banner_02.gif

心は環境に反応する~インテリアの影響の続きを読む

2009年06月15日

ストレスの原因

ストレスフリー住宅において、ストレスを排除する一番のポイントは何か?

それは何にストレスに感じるかを明確にしなければならないことです。

これが人によってさまざま。

一様な方法で解決するのは難しいといえます。

にほんブログ村 住まいブログへ


ストレスの原因の続きを読む

2009年06月12日

感じ方いろいろ

家族といえども同じ家に住んでいても感じ方はいろいろだ。
同じ温度の部屋にいても、ある人は「暑い」と言い、ある人は「寒い」と体をゆする。
家族全員が同じ体質であればよいのだが、そういうケースはまず少ない。
では家族全員が快適に暮らすためにはどうするのか。
ストレスフリー住宅を実現するには、解決方法が必要となるのを知っていますか。


にほんブログ村 住まいブログへ


感じ方いろいろの続きを読む

2009年05月11日

逆浸透膜の水は体に良くない

逆浸透膜(RO)の水が体に良いと勘違いしている人がたくさんいます。
逆浸透膜でろ過した水は衛生的ではありますが、ある意味では死んだ水です。
死んだ水とは生き物が住めない水という意味です。


にほんブログ村 住まいブログへ


逆浸透膜の水は体に良くないの続きを読む

2009年04月22日

意外と知られていない静電気の悪影響

静電気が与える悪影響についてあまり知られていません。
ドアノブや手すりに触った時に「パチン」と来るのを想像する人が多いでしょう。
そんなちょっと嫌な思いだけでは済まず、実害も多いのです。

パソコンが壊れたり。
自動車が錆びたり。
住んでいる土地の地磁気を狂わせたり。
最近では、体内のイオンレベルの電位にも影響するため、健康への悪影響も指摘されています。

家電の故障を予防し、病気の予防にも効果があると考えられるので、住宅内の静電気防止対策を考えた設計もこれからはニーズが生まれそうです。

にほんブログ村 住まいブログへ


意外と知られていない静電気の悪影響の続きを読む

2009年04月17日

誰も知らない健康住宅の真実 1

健康住宅において絶対に考慮しなければならないポイントについてお伝えします。
建物の素材の影響。
建物の間取りの影響
建築地土地の影響。
建築地の周りからの影響。
これら四つのポイントに対応した設計が必要です。


にほんブログ村 住まいブログへ


誰も知らない健康住宅の真実 1の続きを読む

2009年04月15日

公にならない環境問題

アメリカでは住宅内のカビによる環境汚染が深刻なのでビニルクロスを使わないように国が警告を発信しています。
国が使うな、と国民に対して警告しているという事実。
世界一の病院と評されるメイヨー病院が6年かけて免疫調査をまとめた結果、国がその判断をするにいたりました。
日本ではなぜか報道されません。
NHKあたりでやってくれるといいのですけれどね。
この事実について少し注釈を加えます。


にほんブログ村 住まいブログへ


公にならない環境問題の続きを読む

2009年04月12日

カビが生えない家

住宅内が自然環境から隔離されることで、その中に住む人の体が病む。

要するに病気になる、と主張している人たちがいる。

経歴も違うが、要旨は共通している。

「住宅が呼吸できないと住んでいる人が不健康になる」

今はまだサブカルチャーだが、将来的に主流になる可能性がある。


にほんブログ村 住まいブログへ


カビが生えない家の続きを読む

2009年04月06日

当たり前こそ住みやすさ

イギリスのことわざからご紹介。

一日幸せでいたければ床屋で髪を切れ
一週間幸せになりたければ結婚しろ
一ヶ月幸せでいたければ家を建てろ
一年間幸せになりたければ犬を飼え

そして

一生幸せでいたいなら正直に生きなさい

当たり前の暮らしやすさを通して、このことわざについて考えてみたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログへ


当たり前こそ住みやすさの続きを読む

2009年03月30日

ガンが治る水

ある製品の裏話です。
ご興味がありましたらお問合せ下さい。
なお、これは実話に基づく体験談を元にしています。
製品の効果、特徴を約束した説明ではありませんのでご了承下さい。


にほんブログ村 住まいブログへ


ガンが治る水の続きを読む

2009年03月27日

ダイアトーマスという壁材

ダイアトーマスの代理店になるべく、出張の最終目的地静岡に行って来ました。
曇天のため残念ながら富士山の絶景は望めませんでした。
観光目的ではないのでそんなことは気にせずに研修に参加。
本来、研修を行わない日にも関わらず、快く開催していただきましてマンツーマンで習ってきました。

感謝、感謝です。


にほんブログ村 住まいブログへ


ダイアトーマスという壁材の続きを読む

ニューG7という量子水発生装置

何度かブログでも紹介していますが、大阪のウエルネス株式会社が製造している水処理機。
「量子水」と呼んでいますが学術的な分類における名称ではありません。
水素が発生するメカニズムはわかっておりませんが、未発見理論と思われる物理反応によって電子が付与されて、水質に劇的な変化が起こることがわかっています。
結果として得られる状態を観察したところ、どうも素粒子レベルでの何らかの状態変化が起きているらしい。
そのようなことから「量子水」と呼んでいます。

IMGP0422-1.jpg


にほんブログ村 住まいブログへ


ニューG7という量子水発生装置の続きを読む

2009年03月15日

入居者宅ご案内

サポート中のお客様を、オススメ工務店さんの入居者宅にご案内させていただきました。
当社のサービス体験者ではなく、提携工務店さんで建てた入居者宅ですね。
自然素材に囲まれたナチュラルテイスト。
とても良い雰囲気の住宅でした。
住んでいる人のお話も聞けまして、「とても参考になった」とその家を後にして。
すぐ近所でやっていたオープンハウスにも寄ってみました。


にほんブログ村 住まいブログへ


入居者宅ご案内の続きを読む

2009年03月09日

鹿の皮

成り行きで。

鹿の皮をなめしています。

説明が長くなるので、どういった成り行きなのかは割愛しますが。

いろんなアイデアも湧いてきます。


にほんブログ村 住まいブログへ


鹿の皮の続きを読む

2009年03月04日

免疫と住宅の関係

事前に断っておきますが、本日の記事をどのように取り扱うかはお任せします。

人間の免疫と住環境の関係についてお話したいと思います。

医学的な根拠はありません。

経験知的に「そういうものがある」のは実感していますが、法律的な責任は持ちません。

この情報を必要とする人だけ役立ててくださればうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログへ


免疫と住宅の関係の続きを読む

2009年03月02日

免疫を高める=病気の予防

面白い本を読んだ。
「病気にならない免疫生活のすすめ」
meneki.jpg
著者は新潟大学大学院教授の阿保徹先生。


「ガンを治したいなら生き方を変えること」


と患者にアドバイスするらしい。


にほんブログ村 住まいブログへ


免疫を高める=病気の予防の続きを読む

2009年03月01日

カビはなぜ生えるのか

カビがなぜ生えるのか?
結露が原因と考えている人もいますが、環境を設計することで結露による水分があってもカビが生えないことを知っている人は少ない。
シックハウスにも関連するカビの問題。
違う角度で見てみると面白い発見があります。

にほんブログ村 住まいブログへ


カビはなぜ生えるのかの続きを読む

2009年02月24日

空気と水の話 その3

自然界に存在する比率が人間の吸収できる適正な濃度です。

薬や健康食品、濃縮された栄養分など。

自然界に存在しない比率の数値は体に良いとは言えない面を持っている。

また、実験場所と現場で違う結果になることもある。

商品とそれを使用する場所を観察すると、説明のウソとホントが見えてくる。


にほんブログ村 住まいブログへ


空気と水の話 その3の続きを読む

2009年02月20日

水と空気の話し その2

水を処理する器械について昨日に続いて説明を加えたい。

機械的な処理。

法則的な処理。

両者の違いは何か。


にほんブログ村 住まいブログへ


水と空気の話し その2の続きを読む

2009年02月19日

水と空気の話 その1

健康的な住まいには、良い水と良い空気が不可欠です。

基本的なことですが、どちらも専門性が高く、建築関係者でどちらにも詳しい人はそうはいません。

調べれば調べるほど、「まだ知らないことがありそうだ」と感じてしまいます。

そういうレベルなので私自身大したものではありません。

しかし、それなりに研究していますので今日は水の話をしたいと思います。


水と空気の話 その1の続きを読む

2009年02月15日

集中加湿~住居全体の快適湿度

自宅新築時にアイデアが浮かんで約6年。

うるおい循環システムも年数を追って進化してきました。

冬に入る前に微調整を行いましたが、かなり効果が上がったようです。

living.jpg

これがリビングのデータですね。
上の数値が室温25度。
下の数値が湿度51%。

上々です。


にほんブログ村 住まいブログへ

集中加湿~住居全体の快適湿度の続きを読む

2009年01月29日

大変だ

マイナスイオン測定器を購入しました。
2月からスタートする新サービスのためですが。
自宅を測ったところ、残念な結果が・・・


大変だの続きを読む

2009年01月23日

住空間の抗酸化改善方法

楢崎皐月(ならさきこうげつ)博士が解読した「カタカムナ」は有名です。
その出所の超伝記的なエピソードも都市伝説ぽさがあり、謎が謎を呼びます。
カタカムナの研究は相似象学会(そうじしょうがっかい)で行われてきまして、数々の成果を収めてきました。
研究誌を持っていまして、いくつかの詩からインスピレーションをもらいまして、新技術の発案をしました。
陽(プラス)イオンを減らし、陰(マイナス)イオン優位の空間にするための施工。
この春から発売すべく、効果の最終調査に入りました。


住空間の抗酸化改善方法の続きを読む

2008年12月26日

電気環境の重要性 その4

ある発電所の職員のお話。
その部署に赴任中の職員の家庭で奥さんが妊娠しても、女の子しか生まれてこない。
そんな話を聞いたことがあります。


大手家電メーカーのアフターサービスに勤めていた友人の話。
うちの部署は生まれてきても女の子って決まっているんだよな。


どちらも直接私が聞いた話です。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

電気環境の重要性 その4の続きを読む

2008年12月22日

電気環境の重要性 その2

電波と同時に磁波も発生すると説明した前回の記事。

磁波は同時に電波を伴います。

地磁気と呼ばれる地球上に普遍的に降り注いでいるエネルギーについて説明します。


banner_02.gif


建築人気ブログランキングはこちらから


電気環境の重要性 その2の続きを読む

2008年12月20日

電気環境の重要性 その1

空気の汚れに続いて電気環境の重要性についてお届けします。

電磁波の有害性について関心が高まってきますね。
太陽光線も電磁波の一種ですし、遠赤外線も紫外線も電磁波の一種になります。
電磁波にも有害な電磁波と、有益な電磁波があります。

他に静電気による地磁気の環境について数回にわたって記事にします。
健康住宅に関心のある人には必見です。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

電気環境の重要性 その1の続きを読む

2008年12月19日

空気を汚す原因 その4

空気の淀み、感情の影響と続きいよいよ化学物質の解説をしたいと思います。

ホルムアルデヒド HCHO
アセトアルデヒド CH3CHO
エチレン  C6H5CH3
キシレン C6 H4(CH3)2
エチルベンゼン C6H5C2H5
スチレン C6H5C2H3
パラジクロロベンゼン C6H4Cl2

化学式をご覧下さい。
共通点がよくわかると思います。

建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気を汚す原因 その4の続きを読む

空気が汚れる原因 その3

空気が大気と循環していなければ、何もしていなくても空気は汚れる。

前回の記事の復習です。

今回はかなり意外な空気汚染の原因について指摘したいと思います。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気が汚れる原因 その3の続きを読む

2008年12月18日

空気が汚れる原因 その2

空気はほおって置いても汚れます。

この事実を知っている人はあまりいません。

例え話をすればたしょうイメージしてもらえると思いますので、わかりやすくお伝えしたいと思います。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気が汚れる原因 その2の続きを読む

2008年12月17日

空気が汚れる原因 その1

シックハウス予防の観点から換気システムが義務付けられて5年ほどたちました。
原因についての認識ができていませんので、根本的な解決にいたりません。
外気との入れ替えの必要性において法制化されたのはわかりますが、原因物質の排除に関して大きく前進したわけではありません。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気が汚れる原因 その1の続きを読む

2008年12月14日

小樽のK邸引渡し

マイホームコンサルタントの新しいおうちが完成しました。

小樽市のK邸です。

IMGP0234-1-1.JPG

外観もさることながら、インテリアも必見です。

これで二世帯住宅。

こだわりの施主と、負けず嫌いのトレーダーホームのコラボレーションの結晶です。

ぜひご覧下さい。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

小樽のK邸引渡しの続きを読む

2008年12月10日

ノロウイルスの予防

毎年冬になると猛威を振るうノロウイルス。
子供を保育園や幼稚園に預けているからといって、関心の高い人ばかりではないようです。
実は私。
個人的な話ですが、子供が保育園で感染して、自宅で二次感染した経験があります。
予防についてお話したいと思います。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

ノロウイルスの予防の続きを読む

2008年12月09日

再生医療と住宅

お世話になっている人との電話で、ある大国の大統領のお抱え医師と話した内容を聞きました。
欧米の医療の先端は「再生医療」だそうです。
食事で直すのが基本だというんですね。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

記事数600以上!家づくりの虎の巻!旧ブログはこちらから

再生医療と住宅の続きを読む

2008年12月08日

空気のきれいな住宅 その2

空気をきれいにする方法といえば空気清浄機を思い浮かべる人が多いと思います。
空気清浄機に関しては、過去非常にトラブルが多かった商品といえます。
浄水器とどっこいどっこいかな。
効果についてクレームが多く、アフターメンテナンスでも随分いろんなトラブルがありました。


空気清浄機といえば家電ですね。
機械方式での清浄を行います。
機械には必ずアフターが必要になります。


バイオ方式の清浄も実は可能です。
近々当社で発表する新しいサービスにも含まれます。
これはどこもやっていない方法になります。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気のきれいな住宅 その2の続きを読む

2008年12月07日

空気のきれいな住宅

先日いろいろと統計を調べていまして面白い資料を見つけました。
正確にはひとつの資料ではありません。
いくつかの資料を重ね合わせた時に見えてくる真実といいますか・・・
衝撃的な事実を発見したかもしれません。


建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

空気のきれいな住宅の続きを読む

2008年12月06日

矛盾する考え方

お客様と話していまして、会話の中でいろんなことに気付くことがあります。

自分では常識になっているんですけど、改めて「あぁ、そうだよな」と思わされることがあります。

今日もそんな気付きがありましたのでシェアします。

建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

矛盾する考え方の続きを読む

2008年12月04日

バイオの限界

バイオ・・・すなわち微生物やバクテリアを活用して、いろんな効果をうたっている商品があります。

それらには共通して欠点がありますが、それに気付いている人はほんの一握りです。

バイオについて正しい情報をお伝えします。

建築人気ブログランキングはこちらから



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

バイオの限界の続きを読む

2008年11月29日

湿度のコントロール 加湿の重要性

集中加湿システムを安価で実現できる技術があります。
当社で開発したシステムですが、いくつかのバージョンを設定しています。
単純な加湿。
抗酸化空間を作る方法。
いずれもオーガニックな手段で実現可能です。


建築人気ブログランキングはこちらから

湿度のコントロール 加湿の重要性の続きを読む

2008年11月28日

たまゆら撮影

たまゆらって知っていますか?
宮崎駿監督のもののけ姫は知っていますよね。
あれに「こだま」というキャラクターが出てきます。
あれは宮崎駿監督が屋久島に行った時にたまゆらを見たらしく。
それがモデルになっていると聞いたことがあります。
どこで写ったかというと・・・


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

たまゆら撮影の続きを読む

2008年11月27日

オーガニック住宅

オーガニックハウスを唱えたのはフランクロイドライトという建築家。
ライトは有名ですから説明するまでもないでしょう。
しかし、彼が唱えたオーガニックハウスの思想についてはあまり知られていません。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

オーガニック住宅の続きを読む

2008年11月19日

無線LANにご用心

イギリスが情報の発信地らしい。
無線LANを使用している環境で、電磁波過敏症が発症する事例があるらしい。
健康を害した人がいる、という事実はあるようなので注意深く検証する必要がある。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

無線LANにご用心の続きを読む

2008年11月12日

床下で散水

今年の冬。
私の家の床下で散水を行います。
毎日、毎日。
一定量の水を散水します。
それは住空間の空気環境をよくするために行います。

今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

床下で散水の続きを読む

2008年11月02日

集中加湿システム

我が家には集中加湿システムの試作品がついています。
冬の間。
このシステムがとても重宝です。
お陰さまで引っ越してから5年。
冬に家族が風邪を引いたのは、4人で3回程度。
風邪の予防に調湿はとても効果的です。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

集中加湿システムの続きを読む

2008年10月30日

活性酸素の除去

生活習慣病の原因とも言われている活性酸素。

疲れが溜まったり、偏食によって発生することもわかっています。

活性酸素が原因というよりも、活性酸素の原因から解決する方法を住宅において考えてみます。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

活性酸素の除去の続きを読む

2008年10月27日

健康的な住宅と微生物

微生物の環境が良くなると生物にやさしい環境を作ることができます。
酸化還元のバランスが良いと、乳酸菌などの善玉菌も特性を現し良く働くらしいですね。
体が酸性になると、いろんな病気の原因となることがわかっています。
酸性になる原因として活性酸素ばかりが悪者にされていますが、活性酸素自体の原因にはあまり触れません。
触れづらい内容ではあるのですが・・・
じゃあということでとりあえず触れてみます。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

健康的な住宅と微生物の続きを読む

2008年10月13日

心のちから

心理学を応用した奉仕活動にこの10年ほど参加しています。

いろいろな悩みを持った人が来るんですけど、余命を宣告された病気の人もたまにいます。

病気が治る人に共通していること。

気が付いたことをちょっとだけシェアしたいと思います。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif

記事数600以上!家づくりの虎の巻!旧ブログはこちらから


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

心のちからの続きを読む

2008年10月11日

学校敷地

学校の敷地は、地域の地主に寄付してもらったケースが多い。

最近の都市計画で分譲地に建てられているのはもちろん別の話。

昔の地主がどういう土地を寄付したのか考えてみたい。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif

記事数600以上!家づくりの虎の巻!旧ブログはこちらから


コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

学校敷地の続きを読む

2008年10月05日

※必見※冷え性対策

冷え性の人って多いですね。

女性には深刻な状態の人も中にはいます。

冷え性の人が快適に暮らすためのヒントをお届けします。


今日のランキングは?
↓↓↓↓↓↓↓
banner_02.gif



コンペを開くか?
入札をするか?
あなたの理想の家を、一番安く出来る会社を探してみませんか?
まずは無料相談から。
フリーダイヤル 0120-413-262 まで
お問合せからのメールもお待ちしております。

※必見※冷え性対策の続きを読む